« 最愛の人を亡くしたら… | メイン | 見守ることの大切さ »

思い出に変わるその日まで

誰か大切な人を亡くしたことがありますか?
もう二度と会えない…その寂しさに押しつぶされそうになったことのある人いますか?
そういうことって実際に経験した事のある人じゃないとなかなかその気持ちを理解することなんて出来ないですよね。
内の病院で働いている医師で看護師として働いていた奥さんを亡くした医者がいますが自分がついていながらなぜもっと早くに病気に気づくことが出来なかったのか…と奥さんの死からなかなか立ち直れずにいる様子。
だけどこういう時そっとしておくことしか周囲は出来ないんですよねぇ。
きっといつか自分の力で立ち直って笑顔が出るようになることでしょう…。
最愛の人を亡くした悲しみは他の人にはわからないからね…。周りは見守る今年か出来ません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.epbrskan.org/mt3/mt-tb.cgi/11

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年07月26日 04:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「最愛の人を亡くしたら…」です。

次の投稿は「見守ることの大切さ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38