« 時には誰かの支えを借りて | メイン | 思い出に変わるその日まで »

最愛の人を亡くしたら…

最愛の人を亡くしてしまうという悲しみは経験した人にしか絶対にわからないことですよね。周囲がどんなに励まそうともそれは何の助けにもなりません。
ただただ悲しみが募るばかり。
だけどいつの日かその悲しみが少しずつやわらいでいく時が来るんですよね。
看護師として働いている私、実は過去に大切な人を喪った経験があるんです。
なのでそういう気持ちはほんとに痛いほどよくわかります。
そしてもう何もかもおしまい…なんて思う気持ちから必ず這い上がれる時が来ることも知っています。
そういう痛みがわかるからこそ私は看護師という道を選んだんですよね。
もちろん亡くした人のことを忘れてしまうなんてことは出来ません。
だけど心の奥にそっと大切にしておくことが出来るようになるんですよね…。
あと当サイトでも結構紹介している看護師転職ランキングのサイトがサイドバーにコラム追加したみたいですね。
今回の追加は99個の追加です。あと兵庫と名古屋のページにも市町村のページが追加されていました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.epbrskan.org/mt3/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年07月01日 11:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「時には誰かの支えを借りて」です。

次の投稿は「思い出に変わるその日まで」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38