« 看護師、まずは自分の健康管理 | メイン | もう少し周囲を… »

悲しみは同じ体験から…

人の生き死にって本当に残酷なものですよね。
私の知り合いで妊婦さんがいたんだけど妊娠六ヶ月で安定期に入り、つわりも少しずつよくなっていっていた人がいます。
もう出産まで折り返し地点を折り返しているね…って笑っていたんだけど、その人の不幸は突然やってきたんですよね。
まったく自覚症状もなく、いきなりの尿漏れ感。
彼女は尿漏れだと勘違いしていたのは破水だったんですよね…。
妊娠六ヶ月になったばかり。尿漏れ感がするのでってことで定期健診以外で受診…。
そこで明らかになったのは…。絶対安静、すぐに救急車で大きな病院へ…。
翌日彼女は小さな小さな大切な命を失ってしまったんです。そんな彼女の悲しみを知っている私は私が看護師として働いているこの病院で奥さんを亡くされた先生がいつまでたってもなかなか立ち直れないのを見ていてかける言葉がないんですよね…。
大切な人を喪う悲しみは同じ体験をした人にしかなかなかわからないものだから。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.epbrskan.org/mt3/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年05月25日 10:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「看護師、まずは自分の健康管理」です。

次の投稿は「もう少し周囲を…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38