« もう少し周囲を… | メイン | たまには看護師でなく医師と看護師の話 »

どんな時でも笑顔を…

自分の身内が亡くなってしまった時の悲しみ…それは同じことを経験した人にしか絶対わからないものですよね。
私の働く病院の医師は大切な奥様を亡くされました。
私はまだ身内を亡くしたことがないのでそんな医師の気持ちはよくわからない。
祖父母とかを亡くした経験はあるけどそういうのと奥様を亡くされた気持ちはぜんぜん違いますよね。
看護師仲間にもまだそういう経験をした人はいないみたいで誰もこの医師の気持ちを察してあげることが出来ません。
最初は同情的な気持ちがあったものの段々それが薄れてきて…。
毎日暗い顔のその医師に会うのがなんとなく苦痛になってきちゃいました。
仕事場ではやっぱり辛くとも多少は我慢して作り笑顔を浮かべてもらいたいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.epbrskan.org/mt3/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年07月27日 20:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「もう少し周囲を…」です。

次の投稿は「たまには看護師でなく医師と看護師の話」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38