« 牛に惹かれて転職の道へ | メイン | 淡路恵子さんの人生 »

IT化が進む病院の看護師と医師は大変

総合病院のカルテがどんどん電子化されているのにびっくりしたことがあります。
入院しているときに、巡回にくる看護師さんが状況をパソコンに打ち込んでいるんですもんね。
医師も診察して、その結果をパソコンに打ち込んでいますし。
それに血液検査の結果など、検査の結果もパソコン上にぽーんとあらわれたりして。
便利だけど、これについていかないといけない看護師と医師は大変だな、と思います。
入院しているときに、1人だけ、パソコンに打ち込まずに、メモ帳のようなものに書いている人がいました。
たぶんパソコンが苦手で、あとから打ち込むのか、ほかの人に打ち込んでもらうんでしょうね。
今の若い人ならパソコンに触れる機会も多いだろうから、そんなに抵抗ないだろうけど、年配の人は大変だろうな。
まあ、パソコンで管理していたら、ミスや漏れが少ないだろうからいいんだろうけど。
でも停電とかで見れなくなったら、どうなるんだろう、とちょっと不安になりますけどね。
医師や看護師も学校でパソコンをある程度使えるようになる授業とかしなきゃいけなくなるんじゃないでしょうか。
医師や看護師も医学の勉強以外にこんなことの勉強もしなきゃいけなくなるとちょっと大変そうですよね。
まあ今のところ総合病院とかだけみたいですけど、そのうち個人病院もやるようになるかもしれませんね。
大変といえば関西地区の整形外科医の求人も大変みたいですね。私のマブダチが言ってました。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.epbrskan.org/mt3/mt-tb.cgi/26

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年12月26日 16:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「牛に惹かれて転職の道へ」です。

次の投稿は「淡路恵子さんの人生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38